FC2ブログ

アートセラピー 祝祭のアーティスト Meera 魂の飛翔


まだまだ元気で 長生きしそうな人が 突然逝ってしまうと

後に残された人たちは まだ用意ができてなく

その事実を受け入れるのが容易ではない・・・・


fullmoon.jpg


Meera(ミラ)橋本は ドイツ在住の日本人アーティストで、

世界各地で開催されている彼女のペインティング・ワークショップは、

 「人生が大きく変容する」と大勢の人から大評判だった。

mi-ra.jpg


いつも世界を飛び回っていて 情熱的な彼女の逝き方は

南アフリカの大海原でダイビングをしている時に 突然逝ってしまった。

享年69歳。

一緒いたドイツ人のご主人は 彼女の肉体を日本に連れて帰り

彼女を愛する海外の人も駆けつけ 大勢でMeeraの旅立ちを祝いながら見送った。


meera1.jpg

ミラ


Meeraの魂の旅立ちの見送りを『Meera Global Life Celebration』と名付け

東京の代官山で開催された集まりに 先日私も行ってきました!


会場では彼女の友達の大勢のミュージシャンに 旦那様

そしていつもペインティンググループに参加してた友だち

彼女のファンが世界中から駆けつけ 涙と熱気に溢れていました

17103564_1627315573949684_1102119727352739252_n.jpg


img_prof04.jpg

ダンスに歌 そして彼女が海外のテレビに出演している画像が流れ

また会場でライブ・ペインティングがおこなわれ 最後は怒涛のようなダンスで幕を閉じた集まり。

いつも情熱的で クレイジーなMeeraにぴったりのお見送り。




会場にいた全員が 彼女の臨在を感じ 胸をいっぱいにしていた。

Meeraの言葉を少し紹介しますね。

Art is a bridge to life (アートはライフ(生きる)への架け橋)

人間を正気にする美術(art)です。

クリエイティブな衝動も、独自の表現も、必要なものはすべて

自分の内側にあることを思い出させてくれる美術です。

生命とつながる美術です。

人間がより深い気づきをもち、より意識的になるようにしてくれる美術です。


flowers.jpg

flowers1.jpg


生きることに対して ケチにならず いつもその瞬間にチューニングして

トータルに人生を生きていたMeeraから 言葉にならない多くの素晴らしいものを

肉体を離れて逝った後もなお さらに強烈に受取っています。



『それは努力なしの絵画です。あまりに簡単で、正確です。
気づきをもって絵を描くと、失敗がないからです。
この気づきは、新鮮さと命あふれる感覚、子供のような無邪気さを含んでいます。
ですから、絵の一枚ずつがいつでもフレッシュです。
絵が死んでいません。生きています。
エネルギーと命で脈打っています。
高揚して、ときに眠ることができないことがあります。
朝早く起きて、絵を描きたいのです。
毎日が新鮮さで満ちています。毎日、未知の中に身を投げ、
そこで行われる発見に、興味をそそられます。
絶え間なく新しい方法、新しいテクニックを作り出し、自分が科学者のような気がします。
これは継続的なプロセスで、終わることがないように思えます。
このアプローチから生まれる絵画は、自分の目から見ても驚きで、
自分の目の前で生まれる新しい絵のひとつひとつに頭を下げたくなります。
このような瞬間、生きている意義を感じます。
そして、このゾクゾクするようなスリルを他の人たちと分かち合うことができれば、
その人たちも、自分のクリエイティビティを生み出し、
そうすることで、この地球に自分独自の足跡を残すことができます。
そうなることが私の最大の喜びです。』

              Meera (橋本 一枝)

img_1.jpg

img_1 (1)


みなさまの人生に そして地球に より多くの愛と 調和の光が届きますように・・・(*゜‐゜*)


ぽちっとクリックしてくれる その優しさに感謝します。

スポンサーサイト
Theme: 芸術・心・癒し
Genre: 学問・文化・芸術

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する